<
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず夜になると結構鳴いているし、
去勢手術の相談もあるので、
昨日近くの動物病院に健康診断に行って来た。

ワクチン接種の時は、
血液検査やレントゲンまでしてなかったのでしたら、
あずきは、エイズの方は、陰性だったのだが、
白血病キャリア猫と診断された。
母猫は外に自由に出歩いて交尾の末、あずきたちは
産まれたので、そういうこともありえるのは
知っていたが、やはりショック。

DSCF2551.jpg

えっさ、ほっさ。
DSCF2555.jpg

DSCF2556.jpg

獣医の説明+ネットで調べると、
猫の白血病は感染症で、人間には移らないが、
他の猫には移るので、コレで2匹目飼いは無しになった。
ゴンもほぼ間違いなくキャリアだろう。
一応従妹には知らせておいた。

母子感染と他の猫からの感染、又感染時期によって
違いもあるみたいで、一度陽性になっても
ウイルスが無くなる場合もあるらしいが、
8カ月(あずきの年齢)で他の猫と接触が今まで
無かったのだから母猫からの感染だろう。
母子感染だと早期死亡率が高くなり、
発症まで2~5年と説明しているものも多く、
※ネット検索のブログでちらとみた3件ほどは
1~3年くらいで発症している
発症すると1~2週間で死んでしまうらしい。
20年は一緒に暮らそうねと言っていたのだが、
いつ発症するか、または案外キャリアのままで
10年以上生きるか、定かでなくなったのだ。

健康な猫に比べ、
免疫力が弱いらしく、とにかく過度なストレス、
怪我や風邪に気をつけないと
それが引き金になることもあるらしい。
散歩も控えた方がいいかな。
それ以外には今の所は全然元気だし、
何か薬を飲み続けないといけないとかもないので、
普通に暮らして行ける。

また数カ月してもう一度検査しておいた方が良さそうだ。

去勢手術も大きなストレスに違いなく、
危険性は健康猫に比べて高い、
1年有効の背中に埋め込む発情を抑えるチップみたいなのも
あるらしく迷う。

とにかく、一緒にいられる時間はもしかしたら短いかもしれないが
あずきとの日々を大事に過ごして行こうとあらためて思う。
ショック from hitomi | URL | 2007/10/31 Wed 01:05 [EDIT]
それはショックだなー。
だけど、室内飼いで栄養が行き届いて居る場合、元気に生きる猫も多いみたいなので。。。shioちゃんと従妹さんに貰われて姉妹2匹とも本当にラッキーだったねー。  そう言う猫はいつも注意してみてくれる飼い主が必要だものね。

避妊はとにかく負担が軽いウチに(早めにって意味だけど)する事を進めるなー。 チップはあくまでも仮の処置でしかないからね。 逆にチップの期限が切れた頃に避妊することになるともうすっかり大人になってるから、精神的、肉体的両方の負担が大きいと思う。  最近は本当に技術等進んでいるのでメスの手術でも1週間くらい経てば、かなり回復しますので。

しかし、やっぱり最近の外の環境は猫達にとってリスク高過ぎですね。
コマチもストリートっ子だから猫ドックに入れて全部調べてもらったけど、外で育った子の病気の感染率の高さを知ったら驚くって獣医が言ってたもん。 5,6ヶ月過ぎてまだ外で暮らしてたら、すごい確率で病気感染するらしいって。(母子感染以外にもね)  多くの人間はそう言う状況を無視してるけど、環境破壊って何も北極の氷が解ける話だけじゃないってこう言うので痛感するね。

出来るだけ長くあずきと一緒に暮らせる事を祈ってる♪
hitomiさんへ from shio | URL | 2007/10/31 Wed 09:23 [EDIT]
ありがとね~。

なんかねー。久しぶりに動揺したよ。
猫の集会場というSNSに入ってるんだけど、
経験者の飼い主さんたちがいろいろとアドバイスをくれて
助かってる。
猫って犬と違って散歩で意見交換できたりしないから、
ネットでこういう場があってよかったわぁってね。

避妊ね…。獣医さんもするなら若くて元気なうちにという
事らしいので、迷ってます。

経験者の飼い主の看取った日記なんか読むと
元気だったので避手術に踏み切ったら
それで体調壊して死んだしまったなんて
話もあり、う~~~~って感じです。

まあ、もう少し悩んでみます。


arrow river from | URL | 2007/10/31 Wed 09:30 [EDIT]
状況は何も変わらなくても
ある意味の事実を知ってしまった後では
動揺するね。
余計に愛おしくなるね。
私の友人が18年飼ってた猫は避妊手術してなかった
らしいんだけど今度詳しく聞いておくね。

hitomiさん久しぶりね。
忙しそうだけど近況はどう?
arrow riverさんへ from shio | URL | 2007/10/31 Wed 18:14 [EDIT]
そうなの。
今までと何も変わらないし、
あずにとっては、もともと陽性である事に
変わりはなかったと思うのに、
そうだと分かっただけで、見方が変わる。
なんだか急に不憫に思えてね(^^;

あずはそんな事知らないし、寿命なんて
観念はもちろんない。そんな事は
人間の問題であり、あずにとっては、
日々楽しく安心して
暮らせたらそれでいいと思うので、
出来るだけそうしてやるだけかな…
と思ってます。

お友達に聞いてみてください。
よろしくっ。
from にゃろめ | URL | 2007/11/02 Fri 19:34 [EDIT]
なんだか…
更新された日に読んでたんだけど、ショックで何も入れられなかった。
後半、涙ちょちょぎれ今日まで現実逃避してました。
ダメです、こーゆう話し。
動物もんはもっぱらダメです。
心臓ドキドキしちゃいます。
みんな元気に幸せにって甘いですよね。
だめだ、ごめんなさい。
やっぱ言葉にならんです。
にゃろめさんへ from shio | URL | 2007/11/02 Fri 20:48 [EDIT]
気持ち分かります。
私も思ったより動揺する自分に驚いています。
他のサイトでの闘病中や看取った猫の話を読んでは、
その度にボロボロです(苦笑)

ちょうどあずきと暮らしだして半年だけど
もうすっかり、居て当たり前の存在になってますから。

けど、この状況はありのまま受け止めて
先の哀しみを今にしてしまわない様に、
今はこの瞬間を大事に楽しく過ごしていきます。

とりあえず時々「白血病感染症」についての日記も
書きますが、今のところは元気なので
元通りに何気ない平凡な
猫日記に戻ります(^^)

Maxi from | URL | 2007/11/03 Sat 09:59 [EDIT]
それはそれは大変ですね。
お察しします。
まぁ、でも、そんなんだからshioさんのとこにもらわれてきたのかも。
shioさんのお家だとストレスとは無縁だろうから。
Maxiさんへ from shio | URL | 2007/11/03 Sat 18:31 [EDIT]
私もそんな気がしてます。
あずきはやっぱり、私の所へ来るべくして来たのでしょう(^^)
今回の事で、改めて「死」というものを考えています。
それは私にとってとても意味のある事だと思います。

ウチで箱入りお嬢様状態でも室内飼いだと不満は多いみたいで
盛大に鳴いてますから、ストレスはあると思いますよ(苦笑)

from シロ | URL | 2007/11/05 Mon 19:24 [EDIT]
ええ、

ビックリ!

あんなに元気そうなのに~

少しでも良い方向に進むことをお祈り申し上げます。



シロさんへ from shio | URL | 2007/11/06 Tue 09:21 [EDIT]
そうなんです。
けど、今は元気ですよ(^^)
今日から栄養補助食品を試しています。

どもありがとね~。

ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。