<
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あずとは484日、旅行時以外一緒に過ごした。
生まれた日は推定なのだが
あずきの猫生は550日足らずだっただろう。

人間年齢に置き換えると20歳代くらいにはなるらしいがなんと短い…。


昨年になってから、猫を飼いたい。今なら
慈しみ育みする事が出来る。とそういうタイミングが来た。
長年猫好きだったが、飼う機会がなかった。それに
一人暮しで「淋しさを紛らわす為」にペットを飼うのは
違うと思っていた。
だから、縁のある猫を探し始めて3カ月ほどし、
思わぬところであずと出逢ったのはやはり特別な縁を感じた。
お互いとの生活に慣れて来てからは、
あずきと過ごすのんびりとした時間、それはもう「至福」だった。

だからこそ、ふと思った。
(こんな幸せな日々がそんなに長く続く筈は無い)
あずきがキャリアだと分かる前からなぜだか、
あずきとの早い別れを感じていた。
もちろん、20年は一緒に過ごしたい。と思っていたのだが、
その反面そのような思いが常にあった。

そしてそれは現実のものになってしまった。

7月終わりから外へ仕事に行きだすまでは
この一年本当にウチでべったり一緒に過ごした。
それまで一人で100%自分のしたい様に自由に行動していた生活が
一変し、常にあずきとの生活が基盤になり、
生活のリズムが変わった。

それが窮屈に思う瞬間もあったが、
同時に嬉しい窮屈でもあった。

何よりも、あずきとの幸せな時間は
自分だけの自由な時間よりずっと素晴らしかった。

あの小さな存在がその死によって
また私にいろいろと気づきを与えてくれていると思う。

それはこれから徐々に明確になって行くのだろう。

あずは常に私のハートに共に居る。
そんな感覚が強くなって来た。

ありがとうね。あずき。



DSCF3647.jpg
5月に撮った福々しい頃のあずき。


DSCF0231.jpg
小さな遺骨となって帰って来た。


コメント、メールや電話等で共感、励まし、
皆さん、ありがとうございました。

ここはあずきが居てこそのブログ
9月中くらいには終わりにしようと思います。

こんばんは from 白猫庵 | URL | 2008/09/02 Tue 19:23 [EDIT]
あずきさんお元気になられたかしらと思いおじゃましましたら、
思いがけぬ訃報に一瞬、言葉を無くしました。
だいじな家族を亡くされたshioさんのお気持ちを思うと、
慰めの言葉が見つかりません。

息を引き取るときに、そばにいてあげられてよかった。
shioさんの帰りを待っていてくれたんですね。

悲しみが癒えるまで時間がかかると思いますけど、
ゆっくり少しずつお元気になってくださいね。

ご冥福をお祈りします。
from タカ | URL | 2008/09/02 Tue 21:10 [EDIT]
あず、ありがとう。
私が言うのは何かおかしいかもしれないけど・・・
ほんとうに、ほんとうにありがとうね。
そっかー。 from hitomi | URL | 2008/09/02 Tue 23:20 [EDIT]
二十歳くらいなのかー。。。5月の写真は福々しい+別嬪さん具合がよぉ出てますねー。  美しいまま逝っちゃうってのが余計に悲しいなー。
なんか、夏目雅子みたいやね。。。あず。(笑)

そうなのねー。。。あんな小さいのが心の中ですっかり大きな存在になってるのね。 ただ存在するって事がこんなに大事だと思えるのは、私に取っても猫達が居てくれるおかげだわって思う。  

暫く、からっぽ感に慣れるのに時間掛かるかもナー。。。そうね、ゆっくり行こうね。。。もう条件反射的になってる行動って沢山あるもんね。(笑)
フワフワの毛や柔らかい体を撫でるだけでもホッとするもんね。。。暫くはあずが側に居る感触があるだろうし、それでふと、また、あー、居ないんだって確認しちゃってまた悲しいんだよなー。。。ゆっくり行くしかないね。

ホント、月並みだけどあずきはshioちゃん所にきたエンジェルやったね。。。これからもエンジェルやけど。
アタシもあずきが恋しいよ。

しかし、あずきの件で人間として色々考えるところ多しです。 ホント、人間は自分達が生きることしか考えてないと痛感するよ、猫のことだけじゃなくね。
from shio | URL | 2008/09/03 Wed 07:03 [EDIT]
白猫庵さん、ありがとうございます。

そうですね、最期一緒にいられてよかったです。
最期の一週間は急激に悪くなって行ったので、あっという間でした。

深い悲しみに襲われてたまらないときもありますが、
それとは別に今まではとにかく、ウチに早く帰って顔を見ると
安心するという感じでしたが、今はいつも一緒に居る感が
強くなり、ホッとする部分もあるのが不思議です。


タカさん、
あずは喜んでると思います。
ブログを通じてですが、
タカさんにもかわいがって貰いましたね。
しあわせもんです。ありがとう~。


hitomiさん、
>なんか、夏目雅子みたいやね。。。あず。(笑)

白血病やしね。人間で言うと24~5歳かな?
まあ、夏目雅子みたいな別嬪さんとは思わないけど、
相当可愛いと思います(^^;

もう辛くて寝そべっている時でも、
私が丸まった髪をまとめる黒いゴムを落とすと
ちょっと離れたところから(あら、なに?)と
興味深そうに虫かと思ったか、起き上がって
わざわざやって来て、匂ってました(笑)

そういうのをみると身体はもう辛いのに、
気持は若く、子供の様な好奇心はあるんだなぁ…と
かわいそうになりました。

ホントに、あれから毎日あずの死と向き合って
いろんな事を考えさせられています。

徐々に気持の整理が付くのだと思ってます。

ありがとね。





from Maxi | URL | 2008/09/06 Sat 12:44 [EDIT]
先週からずっとネットへの接続が出来ず、困ってましたが、こんなことになっていたとは夢にも思わなかったです。

大変ご愁傷様です。

shioさんの帰りを待ってから旅立つくだりには、思わず涙が出そうになりました。

あずちゃんはshioさんのことが大好きだったんでしょうね。

短い一生だったけど、shioさんに大事にしてもらって、幸せだったんじゃないかな。

御冥福をお祈りいたします。
Maxi さんへ from shio | URL | 2008/09/07 Sun 17:59 [EDIT]
ネット復活ですね。

早いです…もう一週間経ってしまいました。
落ち着いては居ますが、

いろんな事が思い出されます。

今は安らかに穏やかなところで遊んでいる様な気がします。

ありがとう~。


ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。