<
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あず…リンパ腫(胸腺型)を発症してしまった。
いつかこんな日が来る事は分かっていた事なのに、

やはりショックで…。

多くの白血病ウイルスを持つ猫達が
若いうち1歳~3歳のうちに発病し、死んでしまうのを
知っていても、
どこかで、あずきだけはキャリアのままで10年くらい
生きてくれるんじゃないかと思っていた。

夏バテかと思っていたのは、辛くて動けなかったんだ。
全然食べないのは偏食ではなく、
食べられなくなったんだ。

昨日夕方、呼吸が荒いのに気づき、
急いで動物病院に連れて行った。

心臓の上あたりにもやもやと影が写り
出来たリンパ腫から
にじみ出た水が肺に溜まって
呼吸が苦しくなっていた。

緊急にその胸水を抜いてもらった。
肺の7割方水が溜まっていたのだから、
そりゃ苦しかっただろう。


もっと早く気づいてやればよかった、
かわいそうな事をしてしまった。

5カ月前のレントゲンには何も無かったのに…


今日も急いで、仕事から帰って来たが
調子はよくなさそうで…ずっと横になっている。

クスリが効いてくれればいいが、
実はそのクスリも先ほど吐いてしまった。

泣けてくるよ…
今は私が動揺してしまってる。




また落ち着いたら書く事にする。


DSCF0110.jpg
DSCF0114.jpg
胸水を抜く為に剃られたところ。

【診療内容】

血液検査
レントゲン
処置(胸水を抜く)
注射、点滴
内服薬
 *ステロイド剤(錠剤)
 *抗生物質(シロップ)
 *利尿剤(シロップ)
from hitomi | URL | 2008/07/31 Thu 22:15 [EDIT]
祈ってるからねーーー。
hitomiさんへ from shio | URL | 2008/08/01 Fri 18:50 [EDIT]
ありがとねー。
from Arrow river | URL | 2008/08/01 Fri 21:34 [EDIT]
私もここ10日間程,肺とかレントゲン関係に
やや意識が集中していて,
幸い何も無いのが解ったのが今日で
今これを読んでショックです。
祈ってます。
Arrow riverさんへ from shio | URL | 2008/08/02 Sat 06:11 [EDIT]
ありがとー。

検査、気になってました。
何も無くてよかったです~。

あずはその後、薬も吐かず、
飲んだので、効いてきたのか
少し落ち着いてます。

ただ、あの手この手
強制的に、口へほり込んだりしても
全然ごはんを食べないので、困ってるの。

だんだん小さく見えてきました。


今日明日はそばにいてやれるので、
病院に相談にするつもり…。


ADD COMMNET

title:

name:

mail:

url:

comment:

password:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。