<
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あずとは484日、旅行時以外一緒に過ごした。
生まれた日は推定なのだが
あずきの猫生は550日足らずだっただろう。

人間年齢に置き換えると20歳代くらいにはなるらしいがなんと短い…。


昨年になってから、猫を飼いたい。今なら
慈しみ育みする事が出来る。とそういうタイミングが来た。
長年猫好きだったが、飼う機会がなかった。それに
一人暮しで「淋しさを紛らわす為」にペットを飼うのは
違うと思っていた。
だから、縁のある猫を探し始めて3カ月ほどし、
思わぬところであずと出逢ったのはやはり特別な縁を感じた。
お互いとの生活に慣れて来てからは、
あずきと過ごすのんびりとした時間、それはもう「至福」だった。

だからこそ、ふと思った。
(こんな幸せな日々がそんなに長く続く筈は無い)
あずきがキャリアだと分かる前からなぜだか、
あずきとの早い別れを感じていた。
もちろん、20年は一緒に過ごしたい。と思っていたのだが、
その反面そのような思いが常にあった。

そしてそれは現実のものになってしまった。

7月終わりから外へ仕事に行きだすまでは
この一年本当にウチでべったり一緒に過ごした。
それまで一人で100%自分のしたい様に自由に行動していた生活が
一変し、常にあずきとの生活が基盤になり、
生活のリズムが変わった。

それが窮屈に思う瞬間もあったが、
同時に嬉しい窮屈でもあった。

何よりも、あずきとの幸せな時間は
自分だけの自由な時間よりずっと素晴らしかった。

あの小さな存在がその死によって
また私にいろいろと気づきを与えてくれていると思う。

それはこれから徐々に明確になって行くのだろう。

あずは常に私のハートに共に居る。
そんな感覚が強くなって来た。

ありがとうね。あずき。



DSCF3647.jpg
5月に撮った福々しい頃のあずき。


DSCF0231.jpg
小さな遺骨となって帰って来た。


コメント、メールや電話等で共感、励まし、
皆さん、ありがとうございました。

ここはあずきが居てこそのブログ
9月中くらいには終わりにしようと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。