<
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
従妹によると…

昨日はやはり、あずは私が帰るのを待っていたようだ。
それまで、クゥークゥーと小さく鳴いたり、
吐く時にわおーんと声を出したりしたらしいが、
私が帰る10分くらい前から玄関の方に向いて廊下で横たわり、

ドアを開けた途端、それまでにないほどの大きな声で、
「わぁーん!わぉーん!」と鳴いた。


帰宅してから2時間後あれよあれよと
消え入る様に死んでいったのだ。




あず、よくがんばったね。
朝出かける前に、帰ってくるまで待っててと
言ったのでがんばってくれたんやね。

もう、苦しみから解放されたね、安らかに…。

DSCF0210.jpg

形ある姿との最後。
DSCF0216.jpg



ペット葬儀社に依頼し、火葬~永代供養してもらう事にした。
火葬後一部のみ返骨してもらい、
少しの間気が済むまでウチで供養する。
明日、骨となって戻ってくる。



今、あずの姿はもうない。


この現実にまだ実感がない。
いつも、常にあずの存在を意識して行動していたから…。

ドアはすべて閉め切らずちょい開けにし、
足元に突然と居たりするので、勢いよく動かない。
キッチンの流しはあずが舐めたり遊んだりしても
大丈夫な様に、包丁等はすぐにしまい、
常に片付けておく。
飛び出してしまわない様に、ベランダや玄関ドアは
あずを確認してからササッと開け閉めする。
などなど、もう身に付いてしまった習慣。

また外出してもあずが淋しがっていないか気になって
この1年数ヶ月いつも用事が済めば小走りくらいの
勢いで帰っていた。

今日駅前まであずにお花をと思い、買いに行った。
ふと、もう急いで帰らなくてもいいんだ。
帰ってドアを開けても、
出迎えてくれないんだ…と
思うと、力が抜けてしまった。


今こうやってPCに向かっていても
いつもの様にひざに飛び乗り、
顔を見上げて、「にっ。」と甘えた声を出し
フミフミ、ゴロゴロ言い出しそうに思う。

私が何かしているといつもそばに居て
見ている。

そういう視線が今はもうない。

いろいろな場面でそんな風に感じて
その度に涙する。

あずが居なくなった、この空虚感が
消えるには当分時間が掛かりそうだ。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。