<
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
従妹によると…

昨日はやはり、あずは私が帰るのを待っていたようだ。
それまで、クゥークゥーと小さく鳴いたり、
吐く時にわおーんと声を出したりしたらしいが、
私が帰る10分くらい前から玄関の方に向いて廊下で横たわり、

ドアを開けた途端、それまでにないほどの大きな声で、
「わぁーん!わぉーん!」と鳴いた。


帰宅してから2時間後あれよあれよと
消え入る様に死んでいったのだ。




あず、よくがんばったね。
朝出かける前に、帰ってくるまで待っててと
言ったのでがんばってくれたんやね。

もう、苦しみから解放されたね、安らかに…。

DSCF0210.jpg

形ある姿との最後。
DSCF0216.jpg



ペット葬儀社に依頼し、火葬~永代供養してもらう事にした。
火葬後一部のみ返骨してもらい、
少しの間気が済むまでウチで供養する。
明日、骨となって戻ってくる。



今、あずの姿はもうない。


この現実にまだ実感がない。
いつも、常にあずの存在を意識して行動していたから…。

ドアはすべて閉め切らずちょい開けにし、
足元に突然と居たりするので、勢いよく動かない。
キッチンの流しはあずが舐めたり遊んだりしても
大丈夫な様に、包丁等はすぐにしまい、
常に片付けておく。
飛び出してしまわない様に、ベランダや玄関ドアは
あずを確認してからササッと開け閉めする。
などなど、もう身に付いてしまった習慣。

また外出してもあずが淋しがっていないか気になって
この1年数ヶ月いつも用事が済めば小走りくらいの
勢いで帰っていた。

今日駅前まであずにお花をと思い、買いに行った。
ふと、もう急いで帰らなくてもいいんだ。
帰ってドアを開けても、
出迎えてくれないんだ…と
思うと、力が抜けてしまった。


今こうやってPCに向かっていても
いつもの様にひざに飛び乗り、
顔を見上げて、「にっ。」と甘えた声を出し
フミフミ、ゴロゴロ言い出しそうに思う。

私が何かしているといつもそばに居て
見ている。

そういう視線が今はもうない。

いろいろな場面でそんな風に感じて
その度に涙する。

あずが居なくなった、この空虚感が
消えるには当分時間が掛かりそうだ。






スポンサーサイト

お別れ

DSCF0202.jpg
仕事に出かける前のあずきさん。



調子は悪そうだが、意識はしっかりしている。

心の中で
(あずき、がんばらなくていいよ。
けど…私が帰ってくるまではがんばってね。)
といい家を出た。

水曜日のお昼間に続き、従妹とごんが心配して
私の居ない間、3時頃様子を見に来てくれた。

その時の様子がとても悪そうだったので、メールで知らせてくれ、
今日も仕事が終わると走る様にして帰った。

ドアを開けた途端、廊下で寝そべり、「わぉーん!わぉーん」と
辛そうに大きな声で鳴くあずき。
従妹は心配で私が帰るまで看ていてくれた。

朝とは全然違い、もうかなり危ない様子。

従妹とごんが帰った後、
玄関のひんやりするタイルの上で、
ベターと腹這いになり、苦しそうにジッとしている。
DSCF0203.jpg



ちらちら様子を見つつ、口の周りを拭いたり、撫でたりしていたら
急に少し血の混じった胃液を吐き、
脚をびんびんと痙攣させ、失禁して、息絶えた。

あまりにあっけなかった。

寝ているのかと思った。


あずは死んでしまった。










けど、私が帰るまで待っていてくれたし、
7月にリンパ腫だと分かった後も復活し
一カ月割と元気に過ごせたし、
肝臓がダメになって本当に苦しんだのは
ここ2~3日だったと思う。

私は神様に一つだけ毎日お願いした。
たとえ、お別れが早くてもいいから、
出来るだけあずを苦しめないでください。


それは本当に思った通りに叶えてくれた。

悲しいけど、私の願いは叶った。


今、あずは静かに私の前のソファの上で横たわっている。

明日の午前中には火葬される予定。


短い猫生だったね。1才と6カ月足らず。


あずきさん、ありがとね。本当にありがとね。
あずきさんと暮らせて本当に幸せだった。

大好きだよ、あずき。
DSCF0206.jpg

従妹が撮ってくれた。







DSCF0201.jpg

辛いなぁ。
あずきの方がずっとシンドイだろうに、
見ているだけで辛い。

ほとんど横になっている。

帰ってからすぐ肝臓の薬とブドウ糖を与えて(これだけでも一苦労)
様子を見てたら1時間後に
「わぁお~~ん、わぁおーん」と大きな声を上げて吐いた。

何ももう口には入れたくないみたい。
日に日に小さくなって行く。

あずき、何もできないでごめんね。

★利尿剤3ml、肝臓の薬4ml

小1回、大無し、
ブドウ糖少々


あずきさん。
辛いね。

猫とはなんと強いんだろう…。

と思う。

人間なら集中治療室に入ってもおかしくない状態なのに。

ふとこうやって座ってたり、
キャットタワーでいつものように爪研ぎしてのび~をしたり…



DSCF0191.jpg

そして、寝続ける。

DSCF0198.jpg

人間なら「劇症肝炎」と言われる様な状態らしい。
解毒作用が出来なくなるので、身体は相当辛いだろうに…。

点滴と注射を毎日すれば少しは楽になるのかもしれないが
病院に連れて行く事自体が
相当なストレスになるのが目に見えている。


今日も私が居ない昼間、ゴンと従妹がお見舞いに来てくれた。
ゴンとも後、何回会えるのかな。

食事も全くしないので、
シリンジで少しでも流動食を入れているが
それも本当に嫌がるので、無理しない。

今日も一日、あずとの時間を大事に過ごそう。


★利尿剤4ml、肝臓の薬4ml

小2回、大無し、
食事流動食少々、ブドウ糖少々

今朝は、また甘えて膝の上から離れない。
あずきさんを見ていると、
身体が辛くて思う様にならなくなると
押し入れの中とか、机の下とか、暗くてひとりになれるところに
入り込んでしまい、少し元気が戻ると取り返すかの様に
甘えて膝の上で、にゃん、にゃん言う、

今朝は甘えていたのに、
仕事から帰って来るとまたまったくご飯は食べずに残していて、
押し入れから出てこない。

シンドそうだなぁ…。

シロップの薬と、高カロリーの流動食をシリンジで
与えようとするが今までになく抵抗する。

もうこういうのも嫌なんだろうなぁ…
何も口にしたくないみたいだ。

けど、私としてはせめて口から入るものだけでも
入れて栄養にしてほしいと思う。

このままだと…。

悲しい。


★利尿剤4ml、肝臓の薬4ml

小2回、大無し、
食事流動食少々、ブドウ糖少々



今朝も一口二口食べただけ、
帰宅後もごはんは残ったまま。

今日は薬を貰いに行く日だったので、電話で獣医に相談。
とりあえず、連れて行って診てもらう事に。

azu0825.jpg

レントゲンを撮ってみると、
胸の水はすっかり無くなり肺はすっきりと透けて見える。

胸水の溜まっていた時は胸のアタリが全体に白くもやってた。

利尿剤が良く効いても水分補給が足らないと
腎臓に負担がかかっているかも?と
血液検査もしてもらったら、腎臓も悪くない。
喜んだのはココまで。

…肝臓に関する数値が最高振り切っているほど
相当悪くなっていた。
黄疸が出ている。重篤な状況と言えそうだ。

こんな風にあちこちと悪くなって行くのが
まさに「猫白血病ウイルス感染症」。

その影響で、食欲がなくなっているのだった。

あずきさんは、病院でもいつもおとなしいのに
初めて、「うぅ~~~~っ。シャー!」と
怒っていた。


もう嫌なんだろうな…。って思った。


肝臓の為の点滴と注射を取りあえず
今日はしてもらったが、
今後少しでも肝臓を持たせる為には
それを続けないと行けないらしい。

けれど、もう病院へ連れて行きたくないと思った。

あずきさんは嫌がっている。
それがわかったから、
家で静かに見守って行くのが良い様に思う。

獣医さんによると、胸の水が溜まるのと、
肝臓がダメになるのと
どっちが早いか…という状態らしい。

辛いが、やはり一緒に居られるのは
そんなに長くないんだと実感した。

★薬:利尿剤(ごく薄くしたシロップ)
   新たに肝臓の薬(シロップ)
  (ステロイドは無し)

一週間分貰った。様子を見て行こう。




穏やかな小康状態が続いていたが、
昨日アタリから、また食欲が落ちている。

空気の爽やかな今日、
窓を開け放し風が気持ちいい、
その中、あずきさんは一日中
押し入れのキャリーの中で寝ている。

DSCF0187.jpg


夜になると出て来るかなと思ったけど、
ちらっと出て来てまたずっと寝ている。
調子悪いのかな?
DSCF0188.jpg

明日はクスリが切れるので病院に貰いに行く。
獣医さんに様子を聞いてもらおう。

★薬:ステロイド1/2錠、利尿剤4ml、
★食事:ブドウ糖、SD缶1/4&ドライ少々、

ウンチあり

安定。

DSCF0181.jpg

朝晩少しだけ過ごしやすくなって来て、
あずきさんの様態も安定しているようだ。
薬を無しにする事は難しそうだが、
最低限の量ですんでいる。


DSCF0182.jpg

私の居ないお昼間、どうしてるのかなぁ
と思うけど、お盆休みの間様子を見ていたら、
ほとんど、眠りこけている様だ。

静かに充分睡眠を取り、よく食べているのが
良いのかもしれない。

玄関ドアを網戸にすると、外の風と
音が流れ込んで、(外へ出たいよ~)と
元気な頃の様によく鳴いている(^^)

“時よ止まってくれ”とふと思う。
DSCF0163.jpg

ざーり、ざーり、ざーり…。

身繕いできてるだけで、ホッとする。


DSCF0162.jpg

あえて、私のパンツの上に寝て…
なんか匂うかね?

DSCF0166.jpg

動物に優しかった、ラマナの横が居心地良いのか…。

DSCF0174.jpg

くぅー。

DSCF0171.jpg

様子が安定して来たので、
今週から、薬の量を半分に。
ステロイドの錠剤は一日1回半分に。
利尿剤は2mlを一日2回。

抗生物質は先週までで一旦止めてみる。

動物病院が徒歩3分にあるのが助かるし、
良い先生でよかった。
あずきの状態を見て
相談しながら治療している。

あずきさんの自力で無理のないように
けど、がんばってほしいな。


DSCF0141.jpg

週末またあずきさんとのんびりしてる。

体調はまずまずの様。

以前の様に、猫じゃらしにじゃれたり、
走り回ったりは出来なくなってしまったが、
それ以外は今の所普通に生活している。

今朝はベランダに迷い込んだ蝉に
にゃ、にゃ、にゃと声をかけていた。

あずきさんの元気のバロメーターは
よくおしゃべりするかしないかという感じだ。

今の所、一時の様に無口な事はなく、

私の顔を見ては「にゃぁ」「にっ」「なぉーん」
としゃべっている。



シャキーン。
リンパ腫があるとは思えない程、
元気復活あずきさん。

DSCF0127.jpg

薬が効いているお陰で落ち着いている。



DSCF0129.jpg

クモを見つけて、
追いかけてキャットタワーの上まで…


少しでもこの元気な状態が続きます様に…

仕事で後ろ髪引かれながら
あずきさんを残し出かけていたが、
週末になり土日はべったりそばにいられる。

DSCF0116.jpg

ちょっと目ヂカラの戻ったあずきさん。


ようやく、ステロイドが効きだして、
熱も下がり、少し元気になった。

ただ、全く食べなくなってしまった。
猫は3日間全く何も食べないと、
肝臓がダメになってしまうらしい。

普段食べていた、ドライフードを
ふやかしてペースト状にしてみたり、
缶詰を与えてみたり、大好きだった
おやつの焼きささみやかにかまを
与えてみたりあれこれしてみたが
一切口にしない。
ひとくちふたくち強制的に口をこじ開けて
押し込んでみたが、それ以上は嫌がって無理。


コレはまずい…と
今日は食事について聞きに
動物病院に行ってきた。

肺の水分は利尿作用のある薬をもらっていたので
抜いてもらった3日前よりまた少し減っているようだった。

ただリンパ腫の影響か何か
食事を取れない状況になっているようで、
特に猫の場合は、ほんの些細な事でも障りがあると
「食事しない」となってしまうらしい。

とりあえず点滴をしてもらい、
あとは高栄養のa/d缶をシリンジで与える様に
教えてもらった。

午後から従妹がゴンを連れてお見舞いにきてくれた。

シンドクて寝てばかりだったのに、
ゴンが来てドアフォンが鳴ると
にゃぁ~んと呼びながら飛んで迎えに出た。
ゴンはあずの具合が良くないのが分かるのか、
逆にあずの周りでひとり飛び回って遊んでいると

あずも一緒には動かないけど興味深そうに見ている。
そのうち、ゴンがドライフードを食べていると
その後に、
なんと!1週間ぶりくらいに自分でドライフードを
ほんの数粒だが食べた。

あ~嬉しい。
ただ食べてくれるだけでこんなに嬉しい。

仲良しのゴンが来てくれたお陰かもしれない。

ゴンが帰った後も食欲が戻ったようで、
ウェットフードを普通に食べてくれた。

ほっ…。
ようやく私も一息ついた。

看護師の従妹にもいろいろ知識も教えてもらい
(大きな意味で人間のリンパ腫と同じなので)
話して行くうちに、
あずに対して、どのような治療を受けて、
どのようにサポートしていくか明確になってきた。

ペットが病気になったとき、
どのような治療をするかは
飼い主によって決まる。

私には私の死生観があるので、
死そのものに対しては
ネガティブに思っていない。
少なくとも私の都合(気持)で
延命するつもりはないし。

ただ、あずを出来るだけ苦しめたくないだけ。
ステロイドも長期に使うのは避けたいし、
抗ガン剤投与は全く考えていない。

症状を見ながらあずにとって出来るだけ
無理のないように
生きようとする力をサポートして行く
だけだと思っている。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。